スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の公式問題集・・・

韓国の模試、教材をしているTOEICkerは多くいます。
私もその一人です。

最初に手を付けたのは800前後の頃でした。
当時は旧型式で、ETS監修のYBMのLC1000、RC1000をTommyさんの赤本流の3回チャレンジ法で取り組んでいました。
やり始めたのが2015年8月からで、完全に復習が終わったのは2016年4月でした。
和訳がないので、P2~4であれば英語独特の言い回し、P5であれば文法書などを参照してもわからない問題などもあり、復習が大変だった記憶があります。
ただ、この時、わからないことを放置するのではなく、しっかり調べたことが、900達成の礎になったと信じています。

しっかり調べることが能力的、時間的にもあり、自分の血肉にできる人は韓国の教材に取り組むことはいいと思います。
ただ、日本の公式問題集をしっかりと自分のものにできていることが前提と思います。

確かに、日本の公式問題集はETS監修のYBMの公式実践などの焼き直しで、価格が高いなどの声もありますが、やはり公式問題集です。
新形式の韓国の公式実践を3回チャレンジ法で復習しきったつもりですが、日本の公式問題集を解くたびごとに、新しい気づきや誤解して覚えていたことなどが浮かび上がってきます。
ちなみに、韓国の公式実践と日本の公式問題集は完全に同一ではありません。ウォーリーを探せ!的な面白さもあります。←ほんまかいな!?

ここ1ヶ月ぐらいの学習の中心教材はYBMの公式実戦(ETS監修ではない)のLC1000、RC1000とez-Ⅱ1560です。
現在、ez-Ⅱ1560は3週目です。ただ、YBMの公式実戦はいまの復習がひと段落したら、少しお休みして、4月公開までは日本の公式問題集3冊をぐりぐりする学習に修正しようかと考えています。

YBMの公式実戦(ETS監修ではない)のLC1000、RC1000がダメだというわけではありません。LCは難しめでRCはデジャブ感にあふれ、非常にいい教材だと思います。
だからこそ、このYBMの公式実戦のLC1000、RC1000をしっかりと自分のエキスにするためには、まずは日本の公式問題集をしっかりやりこなすことが必要ではないかと感じています。

今朝、そんなことを考えながら、名古屋に向かう新幹線に乗車していました。
スポンサーサイト

和訳

昨日も少し書きましたが、最近、YBMのLC/RCに取り組んでいます。

韓国模試のメリット、デメリット・・・

メリット
・良問が安く買える

デメリット
・和訳がない

大ざっぱですが、こんなところでしょうか?

一文ずつの和訳のチェックはしませんが、
見慣れない英文に出会ったとき、
知っている単語でも意外な文脈で使われているとき、
は必ず確認するようにしています。

日本の公式問題集も韓国の公式実践などのコピーでしたが、
和訳がある公式問題集はやはり安心感があります。
なんといっても「公式」ですし。
(ちなみに、厳密には一致していません。どうも誤植やミスリードな単語などは修正されているようです)

ちなみに、個人的な理想的な「和訳」とは
①代名詞などが何を指し示しているかなどが明快で、さらに構文解析が意識できるもの
②日本語として違和感がないこと
といったことが大きいのですが、この2点を両立することは難しいです。

Google訳は①はある程度の水準にあるように思えるのですが、②の視点からは違和感を覚えます。

これもある程度やむを得ないと思います。
だって、日本語は日本語であり、英語は英語なんだから・・・。

ただ、日本語ネイティブが英語を脳内イメージをしながら理解するときは和訳は大きな手掛かりになります。
なので、やはり和訳はありがたいです。

今朝、そんなことを考えながら勉強していました。。。
TOEICは決して出ない問題意識ですけど(笑)

ちなみに、今日も1次会で脱出!
ウーロン茶で凌ぎました。ビールはほとんど手に付けず!
実に健康的だ!

二日酔いとTOEIC

本日、ようやくEz-Ⅱ1560を2周しました。
最近、模試はYBMの実戦模試をやっています。
(TEST5→TEST6→TEST7という順番で、現在TEST7の復習中)

教材をぐりぐりすることがマイブームです。

解答へのレスポンスを早くする→問題を解くスピードを上がる
ということを実践するためです。

ということで、一定の時間を勉強に充てたいのですが、
3~4月はお仕事の歓送迎会などが多いのが悩みです。

お酒が好き→飲みすぎる→二日酔い→勉強に悪影響・・・

特に今週は毎日続くので、ウーロン茶を多く飲むなど戦略的に過ごしたいと思います。

酒豪TOEICkerの方々は二日酔い対策はどうしているんだろうか?
英語とは関係のないことをふと感じました。

ちなみに、今日はビールはご挨拶程度で済ませ、ウーロン茶を6杯飲むことで時間をつぶし、
ほぼシラフ状態で1次会終了で抜け出し、無事に帰宅してきました。

そして、オルチニンとウコン、さらに花粉症の薬!
これで万全なはず・・・。

今日はあまり英語と関係ない話でした・・・。すいません。。。

模試中心の学習に!

昨年まで、赤本/虎本流の3回チャレンジ法を中心に取り組んできました。

このおかげで目標としていた900を達成することができました。

この学習法の利点は1つの素材をしっかり学習仕切りことです。
しかし、時間がかなりかかります。
標準的な学習期間は模試3回+復習10日間と約2週間かかります。

復習は英語力上げるためのトレーニングであることは十二分に理解しているのですが、P7の音読5回などにかなり時間がかかっていることも事実です。
結果として、本来時間を割くべきLよりもRのトレーニング時間が多くなっています。
また、本番、模試でのメンタルトレーニング、タイムマネジメントは数多くの模試を解くことにより、高めることができるのも事実だと思います。

そこで、今年の1月から、模試多解+復習(1週間1模試を目標)という学習スタイルに修正します!復習はL中心とします。Rは知らない語彙などを中心にサクッと復習するという感じで、やってみようかと思っています。
これをベースに、L素材(当面は「サラ特の新形式L」)も1日1回しっかりこなしていきます。

ちなみに、購入したのですが、やっていない模試はこれだけあります・・・。
●リスニングだけ 300問
●リーディングだけ 300問
●非公式問題集 至高の400問
●やどかり模試 はじめての挑戦
●やどかり模試 標準模試1

また、加えて、1月発売予定の韓国模試も勢いでポチっとしてしまいました。
YBM実践TOEIC LCリスニング1000
YBM実践TOEIC RCリーディング1000

1週間1模試として、既に17週分ぐらいの教材があります。
これだけで4か月かかりそうです・・・。

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。
Ojichanは家族と単身赴任先の名古屋で過ごすお正月になりました。

去年はいろいろありました。
それでも何とか年越しができました。

今年は、早めにTOEIC L&R950を達成し、990を目指す追撃態勢を取りたいです。
そのために、「何が必要なのか?」を考えていました。

いまの自分に足りていないものは何か?
●リスニング力
●語彙力
●本番、模試でのメンタルトレーニング
●タイムマネジメント
といったところでしょうか?

こうしたものを打破するために、「何が必要なのか?」ということを模索し、実践できる1年を過ごしたいです。

また、英語力、TOEIC力に加え、少しでも人間力を高めていきたいです。
そして、不断の努力ができる人間になりたいです。

今年もよろしくお願いします。
TOEIC受験歴
入社当時にIPを受験。その時は旧テスト。そして点数は忘却の彼方へ。

≪2015年≫
01月 505 L205 R300
03月 735 L330 R405
04月 740 L340 R400
05月 725 L325 R400
06月 810 L355 R455
07月 785 L365 R420
09月 740 L340 R400
10月 845 L405 R440
11月 885 L430 R455
12月 845 L390 R455

≪2016年≫
01月 880 L430 R450
03月 895 L445 R450
04月 910 L475 R435
05月 810 L355 R455
06月 825 L365 R460
07月 910 L470 R440
09月 880 L400 R480
10月 905 L445 R460
11月 875 L435 R440
12月 870 L430 R440

≪2017年≫
01月 920 L445 R475
03月 910 L450 R460
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。