はじめてのTOEIC L&Rテスト 入門模試

Tommyさんの新刊です。
昨日、2時間まとめて時間が取れたので模試形式で解きました。

入門模試

結果は・・・
L 81(?64) 6(?6) 23(?15) 28(?24) 24(?19)
R 87(?82) 26(?24) 15(?14) 46(?44)
でした。

600点向きの入門模試と思っていたのですが、大やけどをしました。
L、Rに共通して、素材となる英文は素直だけど、設問にひねりがある感じで、公式問題集よりも難易度は少し高いかも?という印象を受けました。

P1は”some”の使い方が勉強になりました。「いくつかの」という語感で、「ある程度の量がある状態を指す」というイメージでした。なので、2つ(人)でもsomeは使っていいんだ、ということを改めて勉強しました。というのも、3月の公開テストで2つの電化製品(電子レンジ)を”some”と表現しており、「動詞の表現などはズバリなんだけど、2つ=someか?」ということで迷ったので、この点は大きな気づきになりました。

P2は公式よりも問題文が長いかも。この辺は聞けていない音があったので要復習です。

P3/P4は、問題文は聞けたはずなのに、設問との照合で時間がかかりました。表現がいいかわかりませんが、いい捻り(抽象化であり、言い換えだったり)があり、これで難易度が上がった感じがしました。この辺も要復習です。あと72番の正解は誤植(BではなくCが正解)なので、第2版で修正してもらった方がいいと思います。

P5は、最近、自分の悪いトレンドなのですが、うっかりミスが多かったです。ただ、テスティングポイントは非常に勉強になりました。誤答ノートに登録して、今後間違えないようにしたいと思います。

P6は、文章自体は読みやすかったのですが、文章挿入でやられました。まだテキストの和訳と自分の感覚が合わないので、もう少し勉強します。

P7は、文章自体は素直でそんなに難易度は高いとは思いませんでしたが、設問のつくりが面白かったです。3問塗り絵という結果です。
今回の気づきとしては「粗く読み、粗く答えた問題はやはり精度が低い」ということです。Rで450を超え、その上を目指すためには「なんとなくを排除し、ケアレスミスをせずに回答する」というのが基本だと思います。その意味でも、非常に勉強になりました。

全体を通じて、600点向けなので模試の難易度が低いというわけではなく、しっかりとした作りになっていると思います。だからこそ、TOEIC初心者もTOEIC本番のレベルを意識して勉強ができるだろうなと思いました。
1模試とはいえ、CD付きで価格が800円というのもお値打ちでした。
ますます、続虎本が楽しみになりました。
スポンサーサイト

YBM LC1000/RC1000

ツイッターで見た瞬間、何も考えずにポチっとしてしまいました。

IMAG0079.jpg

TEST10回分でっせ?
できるんかいな?

でもね・・・。

新教材が配達されても、いつもは理性が働き、現在進行形の教材が終わってから取り組むのですが、なぜか今回は理性が吹っ飛び、昨晩、我慢できずにTEST1をやってしまいました。

ちなみに、結果は
L 85/?69 R 91/?90 ←ちなみに塗り絵4でしたが90は確保!その前に塗り絵をしない読解力を身につけろよ!

HACKERSとは全然違うね。。。

ETS作成でなくも、やっぱYBMという感じのデジャブ感、特に引っかけポイントは本番に近いかな・・・。

しかし、6000円ぐらいで模試10回分は安いよね。
1回あたり600円ぐらいなのですから。
そう考えると、神崎先生がやっているやどかり出版の模試は日本語の解説がついて、あの価格なので、さらにお得といえそうな気がしますが・・・。

だけ300問/TEST1

今日は初見のリスニングだけ300問、リーディングだけ300問に取り組みました。

IMAG00787.jpg

結果は
L 78/?64 R 89/?84 Rは時間切れで+31分17秒
という感じで散々な結果でした。

Lは意外にP2とP4で失点しました。特にP2で‐9はダメでしょう。復習をしっかりやらないとダメですね。
Rはとにかく時間がかかりました。全体を通じて、読ませようとしている感じがしました。設問もちゃんと読んでいることを前提に作りこんでいる印象がしました。

HACKERS作成の模試をしているTOEICkerの方がなぜ多いのか、その理由が少しわかったような気がします。

適切な高地トレーニングで本番での負荷を軽減する目的が大きいんでしょうね。
Rはこの量を75分以内に読み切れる力があれば、本番は楽になると思います。
また、Lも音声のスピードが速いような気がします。

今月は、この「だけ300問」を中心に学習して、1月公開に臨もうと思っています。

明日から復習をしていきますが、楽しみです。
特に、LはJet Bullさんの監修なので、しっかり学習したいです。

≪この教材10週しました!≫読解特急2

160214.jpg

昨年に購入しました。なんとなく2週していました。

なぜ改めて10週するまで取り組むことにしたのか、といえば、昨年末に参加したTommyさんのリーディングセミナーで「新形式に対応するためにはリーディングスピードを150wpmすることが必要。その練習には読解特急2がいい」というコメントがあったからです。

そこで、昨年末から再度、本棚から取り出しました。
ペースとしては1日で10文章(大体1時間ぐらい)、3日で1週。
文章は「時間を測って黙読→設問→音読(もしくは口パク音読)」という流れでアプローチ。


words per minute
01週 118.5(2015年3月)
02週 137.4(2015年5月)
03週 134.2(2015年12月)
04週 156.2(2015年12月~2016年1月)
05周 158.8(2016年1月)
06週 171.9(2016年1月)
07周 176.4(2016年1月)
08週 176.7(2016年1月)
09週 180.4(2016年1月)
10週 186.4(2016年1月)

(気づき)
やはりariticleは苦手/スピードが落ちる。
なぜ苦手/スピードが落ちるのかを分析すると、1文の全体像が一目瞭然ではないから(SVの対応関係に悩むことが多い。固有名詞とその関係性を整理する作業が必要になる。)ということに尽きるような気がする。
また、意識してどのような文章が読みづらいと感じるのかを分析すると、
①with節で情報を補足されると、SVの対応関係に悩むことが多くなる。
②"We were pleased to hear (that)"のthatがないときにSVの特定が遅い。
③英語は原則に基づくルール(文法)が基本だが、感情による英語独特の慣行表現で?となるところ。
といったところが弱点を気付く。この辺は練習で慣れるしかない。
逆に、SVの対応関係が即座に頭の中に入ると読みやすい/スピードが早い。
あと、文章を読んで上滑る時はどのように対応するかは、引き続きの課題かな。

そして、現在、読解特急4に取り組み中です。

LC1000 RC1000の1回目

せっかくなので整理!

次こそ L90 R90 T180

でも、ちゃんと3回チャレンジ法でやると少しづつだけど伸びている。
これが、おそらくスコアアップの最大要因(と思う)。

TEST1 8/9
L 78/100 ? 57/100
R 82/100 ? 70/100
T 160/200 ? 127/200

TEST2 8/15
L 70/100 ? 56/100
R 88/100 ? 85/100
T 158/200 ? 141/200

TEST3 8/30
L 88/100 ? 72/100
R 89/100 ? 71/100
T 177/200 ? 143/200

TEST4 10/4
L 85/100 ? 71/100
R 87/100 ? 77/100
T 172/200 ? 148/200

TEST5 10/24
L 83/100 ? 67/100
R 91/100 ? 84/100
T 174/200 ? 151/200

TEST6 11/17
L 86/100 ? 70/100
R 93/100 ? 85/100
T 179/200 ?155/200

TEST7 12/19
L 79/100 ? 64/100
R 87/100 ? 79/100
T 166/200 ?143/200

TEST8  1/9
L 87/100 ? 73/100
R 88/100 ? 81/100
T 175/200 ? 154/200
TOEIC受験歴
入社当時にIPを受験。その時は旧テスト。そして点数は忘却の彼方へ。

≪2015年≫
01月 505 L205 R300
03月 735 L330 R405
04月 740 L340 R400
05月 725 L325 R400
06月 810 L355 R455
07月 785 L365 R420
09月 740 L340 R400
10月 845 L405 R440
11月 885 L430 R455
12月 845 L390 R455

≪2016年≫
01月 880 L430 R450
03月 895 L445 R450
04月 910 L475 R435
05月 810 L355 R455
06月 825 L365 R460
07月 910 L470 R440
09月 880 L400 R480
10月 905 L445 R460
11月 875 L435 R440
12月 870 L430 R440

≪2017年≫
01月 920 L445 R475
03月 910 L450 R460
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR