スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トミプロ 9日目(2/29)

トミプロの再掲

なんとか、LC1000+RC1000のTEST10を金曜日まで復習できるように細切れ時間も活用して頑張ります。
あと、P5がすごく不安になっているので夕食の時間を削り、RC1000のTEST1、TEST2のP5に取り組みました。
やはり忘れているところがありました。まだ1週間以上あるので、せめてP5だけでもグルグルします。

■LC1000+RC1000(TEST10) 復習1日目
P1【ディクテーション+音読5回】
No.1-2
"a"→"the"
"a note"→"notes"
"outputting"→"adding"
"his"←前の単語末とつながった場合に聞き取れていないことが多いような気がする。

P2【ディクテーション+音読5回】
No.11-16
"at a"→"in the"
"the"の欠落
"You write"→"You're right"
"the flight"→"to fly"
"a"の欠落
複数形
"will"→"would"
"down the street"
"would"→"will"
ないはずの"a"が聞こえる・・・。

P3【音読10回】
No.41-43(1set)
rehearse/予行演習する
room assignment/部屋割り
No.44-46(2set)

P4【音読10回】
No.71-73(1set)
No.74-76(2set)

P5【音読5回】
No.101-108
enclose/(土地・建物など)を(垣、壁などで)囲む

P6【音読5回】
No.141-143(1set)

P7【音読5回】
No.153-154(1set)
redeemable/現金化できる、兌換できる
No.157-158(3set)
phase out/段階的に停止する。
No.162-164(5set)
No.169-172(7set)
tribune/(新聞名)トリビューン
fond/(思い出などが)楽しい
tear down/(建物など)を取り壊す
lovingly/愛情を込めて
carpentry/大工
projectionist/映写技師

■RC1000のP5
TEST1 38/40(13分43秒)
TEST2 37/40(12分55秒)
→単語、間違えた選択肢の確認をすると、記憶の忘却による間違えが多いので、この辺をしっかり埋めていく必要がある。
スポンサーサイト

トミプロ 8日目(2/28)

トミプロの再掲

(気づき/感想)
L:P1/動作表現(be being ~ed/have been ~ed)の聞き取りが弱かった。
P2/音の塊にあたふたする。
P3・P4/先読みが不完全で、次の問題文のアナウンス”Qusetion ○○ through ✕✕ refer ・・・”が始まっても選択肢に集中している場合は、回答ポイントを落としていることが多い。
R:P7/選択肢を読み違う→勘違い→誤答というケアレスミスがある。460以上を目指すのであれば、本文だけではなく選択肢も含め日ごろから読み込む必要がある。

■LC1000+RC1000(TEST10)
3回チャレンジ法の2回目

P1 10/10 ? 8/10
P2 29/30 ? 28/30
P3 27/30 ? 25/30
P4 30/30 ? 29/30
P5 36/40 ? 34/40
P6 12/12 ? 12/12
P7 45/48 ? 44/48

L  96/100 ? 90/100
R  93/100 ? 90/100
totol 189/200 ? 180/200

■花田塾教材(1月直前L)
P1 5/ 5 ? 4/ 5
P2 14/15 ? 11/15
P3 15/15 ? 15/15
P4 13/15 ? 13/15

L 49/50 ? 43/50

1月公開の結果(その2)

アビメが郵送されてきた。

12月公開と1月公開の比較

*( )はTEX加藤さんの正解数換算表をもとにした誤答数

(12月公開)
T845 L390 R455
L:79(4) 63(6) 89(2) 88(4)
R:83(3) 95(1) 90(1) 82(6) 96(1)


(1月公開)
T880 L430 R450
L:81(3) 90(2) 89(2) 78(6)
R:100(0) 83(3) 88(3) 90(3) 88(3)


Lは実感通りP1、P2は善戦したが、P3、P4がイマイチであった実感と一致。
RはP7で久々にR1が100。ただ、R5の文法が久しぶりに90を下回る。

今後の学習計画については、先日アップした
4月公開までを見据え学習計画修正を考えた
http://ojikichi.blog.fc2.com/blog-entry-46.html
を参照してほしいのですが、LC1000、RC1000をぐりぐりやりきるしかない。

とはいえ、今週はとにかくLC1000、RC1000のTEST10を復習を終わらせることを念頭に頑張りたいと思います。

でも、少しづつの進歩だが、ディクテーションの効果か、P2を中心にLが聞こえるようになってきており、消去法も活用しながらも正解と確信できる回答力も向上しているような気がするので、この波にうまく乗りながら、3月公開を迎えることができるように調整していきたいと思います。

トミプロ 7日目(2/27)

トミプロの再掲
今日からTEST10に取り組む。
(感想)
L:P2が聞き取りやすかった。結果もついてきており28/30。しかし、思いのほかP3が得点できていない。この辺が手ごたえと実際の得点の差になっているのではないか?
R:珍しくP5に手こずる。赤本、900点特急、900点特急2以来の出来の悪さ。だからと言って、現時点では特急シリーズに手を出さない。むしろやるべきは、RC1000を何度も解くことのはず。P7は記事が多く、時間がかかった。

LC1000+RC1000(TEST10)
3回チャレンジ法の1回目

P1 10/10 ? 10/10
P2 28/30 ? 27/30
P3 22/30 ? 27/30
P4 28/30 ? 26/30
P5 31/40 ? 40/40
P6 12/12 ? 12/12
P7 44/48 ? 48/48

L  88/100 ? 75/100
R  87/100 ? 82/100
totol 175/200 ? 157/200

トミプロ 6日目(2/26)

こちらのアップが遅れました。ごめんなさい。

トミプロの再掲
無事に200問正解。
今後はTEST10に取り組む予定。

LC1000+RC1000(TEST9)
3回チャレンジ法の3回目

P1 10/10 ? 10/10
P2 30/30 ? 27/30
P3 30/30 ? 27/30
P4 30/30 ? 26/30
P5 40/40 ? 40/40
P6 12/12 ? 12/12
P7 48/48 ? 48/48

L 100/100 ? 90/100
R 100/100 ?100/100
totol 200/200 ?190/200

4月公開までを見据え学習計画修正を考えた

以下、昨日(2/24)のTommyさんのブログからです。
http://blogs.yahoo.co.jp/abcsyu123/39189058.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
スコアが一定レベルで伸び悩んでいるのであれば、2つの視点での学習が必要です。
①「伸び悩む理由」を一生懸命探し、「これが自分に足りないものかな?」を設定し、ゴリゴリやる。そして検証する。結果どうなったか確認する。
②それを補完すべく、今までやり込んだものを今まで以上に早く正確に解けるように努力する。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
是非これに併せて、今日(2/25)のTommyさんのブログも読んでください。
http://blogs.yahoo.co.jp/abcsyu123/39190569.html

学習もPDCAサイクルが必要です。
なぜ1月公開で目標点に到達できなかったのか?
昨日からずっと考えていました。

そして、以下のような分析と処方箋を書いてみました。

これでも、素材に丁寧に向き合うということでいえば、まだ量が多いと思います。
とはいえ、Ojichanは愚直すぎるきらいがある(こだわりが強い)ので、いい意味での適当さ(あきらめ)も必要と思い、量をあえて多めにしています。
とはいえ、優先順位を明確にし、読解特急4やサラ特Lはさっぱりと断念することとし、LC1000、RC1000にかけてみようと思います。

L:12月390→1月430
なぜスコアが上がったのか?
■花田塾で改めて先読みについて気づきを得ることができた。
■直前期は音読で時間を費やしている自分に満足せずに、公式6、LC1000を解き、勘が鈍らないようにした。

反省点
■問題演習の量が少なかったのでは?
■この原因として、本当は音源を中心に音読すべきところを、音源をテキトーに聞き、音読回数を重ねることに満足していたのではないか。(この点は「量」ではなく「質」を重視すべきではなかったのか?)
■直前期にTOEIC試験では求められていないところにこだわりすぎた。

3月公開に向け何をすべきか
■LC1000、公式6の演習量を増やすべき。
■とはいえ、4月公開は今のように3回チャレンジ法で取り組む時間がないことが想定される(引越/引継など)ことを考えると、TEST9まで復習が終了したLC1000は来週1週間でTEST10まで3回チャレンジ法で取り組むほうがいいのではないか。
■そのため、サラ特Lの音読は中断する。

今週の土日以降はLC1000/TEST10の3回チャレンジ+LC1000の演習(1日1TESTペース)に取り組む。その上で+@で花田塾教材。

L:12月455→1月450
なぜスコアが下がったのか?
■デジャブ問題を落とす、安易な読み違い≒思い込みで得点ができたはずのところを落とす。「隙のない自分づくり」が未完であった。

反省点
■テキストの多読できたが、いろいろな穴(記憶の忘却)ができていた。

3月公開に向け何をすべきか
■優先順位をつけること。自分にとっての一番はRC1000のはず。RC1000をTEST10までやり遂げること。その上で、RC1000、公式6を中心に演習量を確保すべき。
■そのため、6週済の読解特急4は一度中断する。
■その上で、3/7の週にデジャブを実感できる文法特急、文法特急2、千本ノックで最終調整する。
■3月公開以降は、10週以上した教材の数を増やす。(こま切れできる教材を増やすことにより、忙しくなる3月末を最低の学習時間でもある程度の量が確保できるようにする。)

今週の土日以降はRC1000/TEST10の3回チャレンジ中心に取り組む。その上で、公式6、RC1000で演習。文法特急、文法特急2、千本ノックで最終調整。

トミプロ 5日目(2/25)

トミプロの再掲
今日でLC1000+RC1000(TEST9)の復習終了。明日は3回チャレンジ法の3回目。

(気づき)
Rは同じような単語に出会う。単語に出会う回数で記憶に残る。

■LC1000+RC1000(TEST9) 復習6日目
P3 No.65-67(9set) 【音読10回】
print campaign/印刷物によるキャンペーン
wrinkle-resistant/しわになりにくい
showcase/披露される
No.68-70(10set)
for a while now/このところしばらく
activation/立ち上げ
fabulous/すばらしい
reactivate/復活させる

P4 No.95-97(9set) 【音読10回】
No.98-100(10set)
correspondence/文通
memoir/伝記、回想録
catalog/を部門ごとに整理する←動詞の機能

P5 No.133-140【音読5回】
artificial/人工の
flavoring/調味料
the 最上級 of/in の中で一番(最も)
subtract/引く、控除する

P7 No.191-195(12set) 【音読5回】
makeup/追試、再試
No.196-200(13set)
civic/公民の、市民にふさわしい

トミプロ 4日目(2/24)

トミプロの再掲

仕事の関係でお昼休みなどに学習ができませんでした。
今日のTommyさんのブログは気づきが多かったです。自分の学習スタイルを再検討します。

(気づき)
・ひょっとして音を聞いたときに思い込みがあるかもしれない。それで、微妙にディクテーションが完全にならないのでは?

■LC1000+RC1000(TEST9) 復習5日目

P1 No.9-10【ディクテーション+音読5回】
“multiple levels”
“A stool has fallen over on the ground.”
“the”→”a”
“are lined in”→”lines”
“moved to”→”removed from”
“in a long”→”along”

P2 No.35-40【ディクテーション+音読5回】
“to” →”given a”
“have”→“haven’t”
“both”
複数形のs
“it”の欠落
“What are the dimensions of the apartment on Maple Road?”
“rather”
“Weren’t the supplies delivered to the construction site?”
“end” →”and”
“them”の欠落
“the maintain” →”them into”
“of”の欠落

トミプロ 3日目(2/23)

トミプロの再掲

(気づき)
・実践できる英語と向き合う、それが大事。その意味をもう少し自分で考える。

■LC1000+RC1000(TEST9) 復習4日目
P1 No.7-8 【ディクテーション+音読5回】
"holding"→"folding"
"A carrier is emptying a mailbox."←"empty"は動詞の機能もある
"courtyard"

P2 No.29-34 【ディクテーション+音読5回】
"the"→"our"
"is"→"has"
"it"→"it's"
"double"→"doubled"
"a"→"the"
"well"の欠落
"were"→"was"
"days"→"date"
"of"の欠落
"banking"の欠落
"right"→"writing"

P3 No.59-61(7set) 【音読10回】
look through/~を調べる、目を通す
No.62-64(8set)
narrow/狭くなる、狭める field/競争相手

P4 No.89-91(7set) 【音読10回】
detour/回り道、迂回路←発音要注意
No.92-94(8set)
healthcare application/医療のアプリ watercolor painting/水彩画

P5 No.125-132【音読5回】
conglomerate/複合企業

P6 No.150-152(4set) 【音読5回】

P7 No.181-185(10set) 【音読5回】
ream/連(紙の単位) marked/著しい、際立った
No.186-190(11set)

■読解特急4
6週 24-30

1月公開の結果(その1)

今日のお昼に1月公開のインターネット公開。

スコアアップし、目標達成された方、本当におめでとうございます。また、残念ながらの方、捲土重来を期して一緒にがんばりましょう。

Ojichanの結果は自己最高を更新できず、880 L 430 R 450でした。
160131 toeic
1601←1512


スコアの分析はアビメがきてから、ちゃんと総括したいと思いますが、

良かった点
■Lが400前後と予想していたが、思いの外健闘。この勢いで450に近づけば、900達成は確実か?とはいえ、現行形式はあと2回なので、残りの2回でどこまで伸びるか!?

悪かった点
■Rが昨年の11月以降450~455で歩留まりしている。ここで、もう一段のスコアアップを図るためには、何が必要か真剣に考える必要がある。特に、試験直後の感触(?マークの数)と点数が相関していないところが気になる。

これを踏まえ、3月公開への学習アプローチの修正を考えてみたいと思います。

LC1000のTEST10も3回チャレンジ法でやり遂げ、とにかくリスニング重視でLC1000+公式6のLを総復習するのが効果的なのかもしれなのかもしれないなぁ・・・。

でも、これで3月公開へのエンジンが本格的稼働!とにもかくにもガンバル自分に戻る大きなきっかけになったのは間違えありません。
TOEIC受験歴
入社当時にIPを受験。その時は旧テスト。そして点数は忘却の彼方へ。

≪2015年≫
01月 505 L205 R300
03月 735 L330 R405
04月 740 L340 R400
05月 725 L325 R400
06月 810 L355 R455
07月 785 L365 R420
09月 740 L340 R400
10月 845 L405 R440
11月 885 L430 R455
12月 845 L390 R455

≪2016年≫
01月 880 L430 R450
03月 895 L445 R450
04月 910 L475 R435
05月 810 L355 R455
06月 825 L365 R460
07月 910 L470 R440
09月 880 L400 R480
10月 905 L445 R460
11月 875 L435 R440
12月 870 L430 R440

≪2017年≫
01月 920 L445 R475
03月 910 L450 R460
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。