スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和訳

昨日も少し書きましたが、最近、YBMのLC/RCに取り組んでいます。

韓国模試のメリット、デメリット・・・

メリット
・良問が安く買える

デメリット
・和訳がない

大ざっぱですが、こんなところでしょうか?

一文ずつの和訳のチェックはしませんが、
見慣れない英文に出会ったとき、
知っている単語でも意外な文脈で使われているとき、
は必ず確認するようにしています。

日本の公式問題集も韓国の公式実践などのコピーでしたが、
和訳がある公式問題集はやはり安心感があります。
なんといっても「公式」ですし。
(ちなみに、厳密には一致していません。どうも誤植やミスリードな単語などは修正されているようです)

ちなみに、個人的な理想的な「和訳」とは
①代名詞などが何を指し示しているかなどが明快で、さらに構文解析が意識できるもの
②日本語として違和感がないこと
といったことが大きいのですが、この2点を両立することは難しいです。

Google訳は①はある程度の水準にあるように思えるのですが、②の視点からは違和感を覚えます。

これもある程度やむを得ないと思います。
だって、日本語は日本語であり、英語は英語なんだから・・・。

ただ、日本語ネイティブが英語を脳内イメージをしながら理解するときは和訳は大きな手掛かりになります。
なので、やはり和訳はありがたいです。

今朝、そんなことを考えながら勉強していました。。。
TOEICは決して出ない問題意識ですけど(笑)

ちなみに、今日も1次会で脱出!
ウーロン茶で凌ぎました。ビールはほとんど手に付けず!
実に健康的だ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

TOEIC受験歴
入社当時にIPを受験。その時は旧テスト。そして点数は忘却の彼方へ。

≪2015年≫
01月 505 L205 R300
03月 735 L330 R405
04月 740 L340 R400
05月 725 L325 R400
06月 810 L355 R455
07月 785 L365 R420
09月 740 L340 R400
10月 845 L405 R440
11月 885 L430 R455
12月 845 L390 R455

≪2016年≫
01月 880 L430 R450
03月 895 L445 R450
04月 910 L475 R435
05月 810 L355 R455
06月 825 L365 R460
07月 910 L470 R440
09月 880 L400 R480
10月 905 L445 R460
11月 875 L435 R440
12月 870 L430 R440

≪2017年≫
01月 920 L445 R475
03月 910 L450 R460
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。