スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめてのTOEIC L&Rテスト 入門模試

Tommyさんの新刊です。
昨日、2時間まとめて時間が取れたので模試形式で解きました。

入門模試

結果は・・・
L 81(?64) 6(?6) 23(?15) 28(?24) 24(?19)
R 87(?82) 26(?24) 15(?14) 46(?44)
でした。

600点向きの入門模試と思っていたのですが、大やけどをしました。
L、Rに共通して、素材となる英文は素直だけど、設問にひねりがある感じで、公式問題集よりも難易度は少し高いかも?という印象を受けました。

P1は”some”の使い方が勉強になりました。「いくつかの」という語感で、「ある程度の量がある状態を指す」というイメージでした。なので、2つ(人)でもsomeは使っていいんだ、ということを改めて勉強しました。というのも、3月の公開テストで2つの電化製品(電子レンジ)を”some”と表現しており、「動詞の表現などはズバリなんだけど、2つ=someか?」ということで迷ったので、この点は大きな気づきになりました。

P2は公式よりも問題文が長いかも。この辺は聞けていない音があったので要復習です。

P3/P4は、問題文は聞けたはずなのに、設問との照合で時間がかかりました。表現がいいかわかりませんが、いい捻り(抽象化であり、言い換えだったり)があり、これで難易度が上がった感じがしました。この辺も要復習です。あと72番の正解は誤植(BではなくCが正解)なので、第2版で修正してもらった方がいいと思います。

P5は、最近、自分の悪いトレンドなのですが、うっかりミスが多かったです。ただ、テスティングポイントは非常に勉強になりました。誤答ノートに登録して、今後間違えないようにしたいと思います。

P6は、文章自体は読みやすかったのですが、文章挿入でやられました。まだテキストの和訳と自分の感覚が合わないので、もう少し勉強します。

P7は、文章自体は素直でそんなに難易度は高いとは思いませんでしたが、設問のつくりが面白かったです。3問塗り絵という結果です。
今回の気づきとしては「粗く読み、粗く答えた問題はやはり精度が低い」ということです。Rで450を超え、その上を目指すためには「なんとなくを排除し、ケアレスミスをせずに回答する」というのが基本だと思います。その意味でも、非常に勉強になりました。

全体を通じて、600点向けなので模試の難易度が低いというわけではなく、しっかりとした作りになっていると思います。だからこそ、TOEIC初心者もTOEIC本番のレベルを意識して勉強ができるだろうなと思いました。
1模試とはいえ、CD付きで価格が800円というのもお値打ちでした。
ますます、続虎本が楽しみになりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

TOEIC受験歴
入社当時にIPを受験。その時は旧テスト。そして点数は忘却の彼方へ。

≪2015年≫
01月 505 L205 R300
03月 735 L330 R405
04月 740 L340 R400
05月 725 L325 R400
06月 810 L355 R455
07月 785 L365 R420
09月 740 L340 R400
10月 845 L405 R440
11月 885 L430 R455
12月 845 L390 R455

≪2016年≫
01月 880 L430 R450
03月 895 L445 R450
04月 910 L475 R435
05月 810 L355 R455
06月 825 L365 R460
07月 910 L470 R440
09月 880 L400 R480
10月 905 L445 R460
11月 875 L435 R440
12月 870 L430 R440

≪2017年≫
01月 920 L445 R475
03月 910 L450 R460
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。